ビットコインの投資を95%削減した理由

実は、2013年よりビットコイン信者であった私が9割以上の資金をビットコインから引き上げた。

短期的にはビットコインが値上がりする局面はいくらでもあるはずだが、中長期視点にたった場合、ビットコインの技術的・政治的問題による暗雲が立ちこめているのである。

 

ビットコインに価値がある理由

まず、私がビットコインに価値があると考える理由が二点ある。

価値がある理由1. 希少性

ビットコインには上限が定められており、年々採掘は難しくなり、最終的には2100万ビットコインまでしか生成されない。この希少性は、地球における限りある資源(金など)を模倣して設計したのであろう。

この希少性があるからこそ、利用する人が増えるほど、供給と需要のバランスで、価値が上がることになる。

価値がある理由2. マイニングパワー

莫大な電気代と高価なASICチップを使ったマシンによるマイニング(採掘)という行為が価格を下支えしている。このマイニングパワーこそが、ビットコインの安全性を高めている。

マイニングパワーとビットコイン価格とおおむね比例する。

電気代とマシン代がかかり、採掘コスト以下では、マイナー達がビットコインを手放さないとされるため、採掘コストが価格面での下支えとなっているのである。この構図は、金の採掘と似ているかもしれない。

 

マイニングパワーの異変が致命傷に!?

ビットコインのマイニングパワー(ハッシュレート)とBTC価格には一定の相関性が発生する。前述したように、価格が上がれば、マイニングパワーも増える。その結果としてネットワークが安定し安全が保たれるという持ちつ持たれつの関係である。

次のチャートみて頂きたい。概ねチャートが一定の相関性を保ちながら推移している事が分かるはずだ。

しかし、8月以降(黄色部分)は、ハッシュレートが大幅にBCHに奪われる事態が発生し、ビットコインの送金詰まり(最大10万件程度)が起きた。もともと、送金遅延が原因でSEGWITを導入したにも関わらず、結果はこのチャートがしめす通りなのである。

ハッシュレートが奪われた原因については、前回の記事で紹介したEDAという仕組みが関係している。

それでもビットコインキャッシュが成功する5つの理由

SEGWITはウォレット対応で、2倍程度の容量が確保するという話(対応しなくても良いため全体に浸透するには数週間から数ヶ月は要するとみられる)である。しかし、上記のように半分以上もハッシュレートが奪われる事態になれば元も子もない話だ。

 

ハッシュレートに関係なく値上がりしている!

ビットコインのファンダメンタルズを問われれば、先に述べたとおり“希少性”
“ハッシュレート”である。その大切な屋台骨であるハッシュレートが足元から揺らいでいるのが今回の事態だ。

そして、8月以降、乱高下し、安定しないハッシュレートを他所に価格だけは、値上がりしている。おそらくこの背景には、ビットコインの仕組みを精査していない個人投資家やFX投資家などが大量に流入してきている事の表れかもしれない。どちらにしても、ビットコインの未来をワクワクしながら、見続けた私としては、いまの現状を危険な兆候として捕らえ、残念ではあるが95%のビットコイン資産を引き上げBCHと他のアルトコインへと移した

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中